確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた

複式簿記を超入門的に説明できないか? 単純には単式簿記との違いe-tax
この記事は約11分で読めます。

ああ、2022年(令和4年)もやるのでしょうか?

どんな微妙な芸能人が出るのでしょうか?

「うぉっ!スマホe-Taxができた!」

「うぉっ!スマホe-Taxやってみたらカンタンだった!」

とか・・・

あれから半年・・・、私も記憶に自信がなくなってきたのと同時に、また微妙に機能が追加されているのか?と気になってきました。

記事を作成しつつ、今回お世話になった、e-Tax・作成コーナーヘルプデスクの方の言葉が忘れられません。「2022年(令和4年)に、2021年(令和3年)分の確定申告書等作成コーナーが表示されないと、変更があるのかないかもわからない」と。

また、なるべくチェックして記事を更新していきたいと思います。

e-Tax&確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない?
ちょっと整理してみた

e-Tax&確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた

e-Tax&確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからなかったので、ちょっと整理してみてみました。

結論から言うと、

  • スマホでe-Taxで青色申告:クラウド確定申告ソフト(※)
  • パソコンでe-Taxで青色申告:確定申告書等作成コーナー、e-Taxソフト(WEB版)、e-Taxソフト、クラウド確定申告ソフト
  • スマホでe-Taxで白色申告:確定申告書等作成コーナー、クラウド確定申告ソフト
  • パソコンでe-Taxで白色申告:確定申告書等作成コーナー、e-Taxソフト(WEB版)、e-Taxソフト、クラウド確定申告ソフト
確定申告書青色申告
決算書
パソコン
e-Tax送信
スマホ
e-Tax送信
明細計算確定申告
ソフト
データ
取り込み
確定申告書等作成コーナー
スマホでは×
青色×白色〇××
e-Taxソフト(WEB版)××××
e-Taxソフト(SP版)×××××
e-Taxソフト××
クラウド
確定申告
ソフト
〇※

※クラウド確定申告ソフトでスマホでe-Taxできるのはfreeeマネーフォワード弥生の青色申告はできない(2022年4月29日現在)。

細かくは後述します。

どのようなシステムがあるのかわかりやすくなったが、中身はよく確認しないとわからない

Google検索で「e-Tax」と検索、e-Taxの公式ページのトップページに入り、「個人の方」、「3 手続を行うソフト・コーナーを選ぶ」。

手続を行うソフト・コーナーを選ぶ

 

以前と比較して、今、確定申告書等作成コーナーやe-Taxにどのようなシステムがあるのかが、一覧で見ることができるようになったのはうれしいところです。

しかし、実際にところ、確定申告書等作成コーナー、e-Taxソフト(WEB版)、e-Taxソフト(SP版)、ダウンロード型e-Taxソフトとどれが、なにができるのかサッパリわかならなくなり、今まで持っていた知識も逆に飛んでしまいました。

そこで、e-Taxのヘルプデスクに問い合わせてみたのです。
Google検索「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」で「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」と表示されます。

今回まとめたのは、あくまで単純に個人事業主フリーランスなどの人が、これらのシステムでどう青色申告できるか?という視点です。
つまり、個人、法人の違い、税目による違い、サラリーマンの医療費控除など細かい要素を含んでいません。

わかりやすく整理してみた

もう一度はじめの表です。

確定申告書青色申告
決算書
パソコン
e-Tax送信
スマホ
e-Tax送信
明細計算確定申告
ソフト
データ
取り込み
確定申告書等作成コーナー
スマホでは×
青色×白色〇××
e-Taxソフト(WEB版)××××
e-Taxソフト(SP版)×××××
e-Taxソフト××
クラウド
確定申告
ソフト
〇※

※クラウド確定申告ソフトでスマホでe-Taxできるのはfreeeマネーフォワード弥生の青色申告はできない(2022年4月29日現在)。

さて、システム別に細かく見ていきたいと思います。

確定申告書等作成コーナー

まず確定申告書等作成コーナーは、

  • スマホでe-Tax、青色申告はできない。白色申告もできない。
  • パソコンでe-Tax、青色申告も白色申告もできる

確定申告書等作成コーナーでは、確定申告書等を作成することができます。
ただし、例えばクラウド確定申告ソフトのように銀行口座明細、クレジットカード明細を自動で取り込んで、自動計算。自動で確定申告書が出来上がるというわけではありません。つまり、例えば売上や経費などは、明細入力することはできず、会計年度の合計金額を自分で計算して入力します。

さらに、その合計金額の入力は確定申告の年にならないと入力できません(その年の確定申告書等作成コーナーにアクセスできるのは、その年の1月4日以降(年末年始は使えない))。
例えば2022年(令和4年)のために、確定申告書等作成コーナーにデータを入力できるのは、2022年(令和4年)の1月4日以降(年末年始は使えない)であり、あらかじめ2021年(令和3年)中にデータ入力できるわけではありません。

青色申告に必須の青色申告決算書ですが、確定申告書等作成コーナーで作成することができます。
これも売上や経費などの入力と同様にその年にならなければ入力できません。また青色申告決算書を作成するための画面は別に用意されています。

さてこの青色申告決算書ですが、パソコンでは作成できるものの、スマホでは作成できません。
つまり確定申告書等作成コーナーはパソコンからe-Tax送信はできるが、スマホではe-Tax送信はできないということになります。

確定申告ソフトデータ取り込みというのは、クラウド確定申告ソフトで作成したデータをe-Taxのソフトに取り込むということで、取り込んでe-Taxをするということですが、確定申告書等作成コーナーではクラウド確定申告ソフトのデータを取り込むことはできません。つまりクラウド確定申告ソフトのデータを確定申告書等作成コーナーを経由してe-Tax送信することはできないということです。

e-Taxソフト(WEB版)

e-Taxソフト(WEB版)は、

  • パソコンでe-Tax、青色申告、白色申告は、クラウド確定申告ソフトからデータを取り込めばできる
  • パソコンからe-Taxは2次元バーコード(QRコード)を使ってできる
  • スマホでe-Tax、青色申告はできない。白色申告もできない。

まず、e-Taxソフト(WEB版)は確定申告書等や青色申告決算書の作成機能がありません。
ただ、クラウド確定申告ソフトのデータ取込(上述)はできるため、クラウド確定申告ソフトのデータを取り込んで、e-Tax送信することはできます(というか、それならクラウド確定申告ソフトe-Taxすればいいのですが(freeeマネーフォワード弥生の青色申告はできない(2021年11月22日現在))。

e-Taxソフト(WEB版)で、スマホでe-Tax送信は2次元バーコード(QRコード)を使えばできます。

明細計算(上述)はできません。

e-Taxソフト(SP版)

e-Taxソフト(SP版)は、

  • スマホでe-Tax、青色申告はできない。白色申告もできない。
  • パソコンでe-Tax、青青色申告はできない。白色申告もできない
  • 確定申告以外のe-Tax送信は2次元バーコード(QRコード)でできる。

今回わかりやすくまとめているのは、個人事業主フリーランスなどの人対象ですので、e-Taxソフト(SP版)は個人事業主フリーランスなどの人はほとんど利用用途はないと思います。

明細計算(上述)はできません。

e-Taxソフト(ダウンロード型)

e-Taxソフト(ダウンロード型)は、

  • スマホでe-Tax、青色申告はできない。白色申告もできない。
  • パソコンでe-Tax、青色申告、白色申告ができる。

e-Taxソフト(ダウンロード型)は、確定申告書等や青色申告決算書を作成することができます。
またクラウド確定申告ソフトのデータ取込(上述)もできます。

e-Taxソフト(ダウンロード型)はパソコンのソフトなので、当然ながらパソコンからはe-Tax送信はできますが、スマホからはe-Tax送信はできません。

明細計算(上述)はできません。

クラウド確定申告ソフト

クラウド確定申告ソフトは、

  • スマホでe-Tax、青色申告ができる。白色申告もできる。(※)
  • パソコンでe-Tax、青色申告ができる。白色申告もできる。
    freeeマネーフォワードは対応。弥生の青色申告は未対応(2022年4月29日現在)

クラウド確定申告ソフトは、銀行口座明細やクレジットカード明細を自動で取り込み計算、確定申告書等、青色申告決算書を自動で作成します。
パソコンからのe-Tax送信に対応していて、スマホからのe-Tax送信はfreeeマネーフォワードで対応しています(弥生の青色申告は未対応(2021年11月22日現在))。

クラウド確定申告ソフトのデータ取込(上述)は、そもそもクラウド確定申告ソフト自体なので必要ありません。

番外編:e-Taxソフト(WEB版)はサラリーマンの確定申告書は作れる

今回の記事を作成するにあたっては、2度にわたりe-Taxのヘルプデスク(Google検索「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」で「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」と表示されます)に問い合わせてみました。

その際に教えてもらったことに、e-Taxソフト(WEB版)は確定申告書類や青色申告決算書は作れませんが、サラリーマンの医療費控除などの確定申告書は作れるということがありました。
冒頭にも書いたとおり、その他にも個人、法人の違いや、税目の違いで使える機能が違うようです。

今回は、あくまで個人事業主フリーランスなどの人が青色申告をするという前提でまとめていますが、「スマホe-Taxできた!」とサラリーマンの医療費控除などしかできないのに、さも個人事業主フリーランスなどの人がスマホe-Taxできるかのような表現が脳裏に焼き付いていたので、聞いてみた次第です。

e-Taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる

  • e-Taxで最大65万円の青色申告特別控除が受けられる
  • 10万円減額→10万円増額→10万円増額=10万円増額で65万円

最大65万円の青色申告特別控除の条件は、e-Taxによる申告または電子帳簿保存

確定申告について、最大65万円の青色申告特別控除を受けるためには、e-Taxによる申告または電子帳簿保存が必要です。

単純に言えば、

e-Taxを使えば65万円の青色申告特別控除が受けられる

ということになります。

>最大65万円の青色申告特別控除について詳しくはこちら

青色申告で確定申告するやり方は? 最大65万円の青色申告特別控除を目指せば自ずとそのやり方はわかる
青色申告特別控除を受けるためには 3つの問題をクリアする 最大65万円の青色申告特別控除を理解する 最大65万円の青色申告特別控除のシミュレーション 難しい複式簿記をする? 複式簿記を超入門的に説明できないか? 複雑なe-taxの設定をよりカンタンにクリアするには? 青色申告と白色申告の違いってなに?見た目? 最大65万円の青色申告特別控除を受けられるか 確定申告の計算方法は? 所得税、住民税、国民健康保険税それぞれ違う 青色申告がトクなのはわかったからどうすればいい? クラウド確定申告ソフトを使うべき 確定申告とは? なるべくわかりやすくカンタンに説明します 確定申告の収入はいつからいつまでの分? 2022年(令和4年)は1月から12月までの1年間分 確定申告はいつからいつまでの収入? 確定申告は1月から12月までの収入 確定申告はいつからいつまでの領収書? 確定申告は1月から12月までの領収書 確定申告は2022年(令和4年)の対象期間は ? 2021年(令和3年)1月1日から2021年(令和3年)12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまで? 2022年(令和4年)は2月16日(水)~3月15日(火)

e-Taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除

結局10万円の増額 個人事業主、フリーランスなどの青色申告特別控除額と基礎控除額

2020年から、青色申告特別控除個人事業主フリーランスなどは最大65万円になりました。

それは青色申告特別控除額と基礎控除額の合わせ技によります。

青色申告特別控除が最大65万円に

>最大65万円の青色申告特別控除の詳しいしくみはこちら

青色申告で確定申告するやり方は? 最大65万円の青色申告特別控除を目指せば自ずとそのやり方はわかる
青色申告特別控除を受けるためには 3つの問題をクリアする 最大65万円の青色申告特別控除を理解する 最大65万円の青色申告特別控除のシミュレーション 難しい複式簿記をする? 複式簿記を超入門的に説明できないか? 複雑なe-taxの設定をよりカンタンにクリアするには? 青色申告と白色申告の違いってなに?見た目? 最大65万円の青色申告特別控除を受けられるか 確定申告の計算方法は? 所得税、住民税、国民健康保険税それぞれ違う 青色申告がトクなのはわかったからどうすればいい? クラウド確定申告ソフトを使うべき 確定申告とは? なるべくわかりやすくカンタンに説明します 確定申告の収入はいつからいつまでの分? 2022年(令和4年)は1月から12月までの1年間分 確定申告はいつからいつまでの収入? 確定申告は1月から12月までの収入 確定申告はいつからいつまでの領収書? 確定申告は1月から12月までの領収書 確定申告は2022年(令和4年)の対象期間は ? 2021年(令和3年)1月1日から2021年(令和3年)12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまで? 2022年(令和4年)は2月16日(水)~3月15日(火)

e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーはダメ

  • e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは不便

e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーがダメな点

  • e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーの設定が複雑怪奇
  • 複式簿記をしてくれるわけではない
  • 日常的に売上、経費などを入力できない
  • 日常的に売上、経費などを管理できない

e-Taxの設定が複雑怪奇

e-Taxは設定はとても複雑です。

>e-Taxの設定が複雑な件はこちら

e-Taxで確定申告できるのはいつから?2022年(令和4年)は? 1月4日(火)から 2月15日以前でもできる
e-Taxで確定申告できるのはいつから?2022年(令和4年)は? 1月4日(火)から使えるが 確定申告は3月15日~ 単純にe-taxが使える期間は? 2022年(令和4年)1月4日(火)~2022年(令和4年)12月28日(水) e-taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない e-taxをレビューしてみた 設定は?使ってみて?代替策は? クラウド確定申告ソフトのサポートに助けてもらう

複式簿記をしてくれるわけではない

e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは複式簿記をしてくれるわけではありません。

つまり最大65万円の青色申告特別控除を受けようと思ったら、自分で複式簿記をしなければなりません。

>複式簿記が難しい件はこちら

青色申告で確定申告するやり方は? 最大65万円の青色申告特別控除を目指せば自ずとそのやり方はわかる
青色申告特別控除を受けるためには 3つの問題をクリアする 最大65万円の青色申告特別控除を理解する 最大65万円の青色申告特別控除のシミュレーション 難しい複式簿記をする? 複式簿記を超入門的に説明できないか? 複雑なe-taxの設定をよりカンタンにクリアするには? 青色申告と白色申告の違いってなに?見た目? 最大65万円の青色申告特別控除を受けられるか 確定申告の計算方法は? 所得税、住民税、国民健康保険税それぞれ違う 青色申告がトクなのはわかったからどうすればいい? クラウド確定申告ソフトを使うべき 確定申告とは? なるべくわかりやすくカンタンに説明します 確定申告の収入はいつからいつまでの分? 2022年(令和4年)は1月から12月までの1年間分 確定申告はいつからいつまでの収入? 確定申告は1月から12月までの収入 確定申告はいつからいつまでの領収書? 確定申告は1月から12月までの領収書 確定申告は2022年(令和4年)の対象期間は ? 2021年(令和3年)1月1日から2021年(令和3年)12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまで? 2022年(令和4年)は2月16日(水)~3月15日(火)

>税務職員も言っていた「複式簿記は個人ではムリ」

税務署による記帳指導を体験してわかったこととは? 複式簿記は難しいなど
税務署による記帳指導を体験してわかったこととは? 複式簿記は難しいなど 私が体験した記帳指導 パソコンによる記帳指導は国税庁のホームページで言及されている そもそも記帳指導ってなに? 記帳指導を受けてわかったこと クラウド確定申告ソフトを使うのがいい

日常的に売上、経費などを入力できない

今回、確定申告書等作成コーナーをわかりやすく解説してみた中でも紹介しましたが、国税庁の確定申告書等作成コーナーは、確定申告をする年にならないと会計年度が更新されません。

例えば2022年(令和4年)に2021年(令和3年)の分について確定申告をしようとすると、2022年(令和4年)にならないと、2021年(令和3年)分を国税庁の確定申告書等作成コーナーに入力することができないのです。

日常的に売上、経費などを管理できない

日常的に売上、経費などを入力できないということは、クラウド確定申告ソフトのように日常的に売上、経費などを管理することもできません。

つまり2021年(令和3年)中に、2021年(令和3年)に発生した売上、経費を発生都度、入力したり、管理したりしようとしてもできません。

まとめ

e-Tax&確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ということで、ちょっと整理してみました。

e-Taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられます。

e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは相変わらずダメだと思います。

タイトルとURLをコピーしました