マイナポータルで2次元バーコード(QRコード)が読み取れない? それはマイナポータルの問題ではないでしょう

マイナポータルで二次元バーコードが読み取れない? それはマイナポータルの問題ではないでしょうe-Tax
この記事は約16分で読めます。

マイナポータル2次元バーコード(QRコード)認証は、2022年(令和4年)(2021年(令和3年分)の確定申告のトピックでしょう。

個人的にはあいかわらず国税庁の確定申告書等作成コーナーは複雑で理解するのに苦労します。
以前はe-Taxの設定は複雑すぎると喧伝していたのですが、マイナポータルが単純、便利になって、それほど文句もなくなりました。

とはいえ、サポート面では不服があり、税務署(確定申告)、国税庁(e-Tax確定申告書等作成コーナー)、総務省(マイナンバーカードマイナポータル)と縦割り行政の弊害か、トータル的なサポートはなく、またたらい回しです。

文句ばかり言っていてもしょうがいないので、便利になったマイナポータル
そのマイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れない時はどうすればいいのか?を見ていきます。

マイナポータルで2次元バーコード(QRコード)が読み取れない?
それはマイナポータルの問題ではないでしょう

マイナポータルで2次元バーコード(QRコード)が読み取れない? それはマイナポータルの問題ではないでしょう

  • マイナポータルの問題ではなく、スマホの2次元バーコード(QRコード)読み取り機能の問題
  • マイナポータルの問題ではなく、スマホの2次元バーコード(QRコード)読み取り機能の問題

確定申告青色申告の際、マイナポータルを利用すべく2次元バーコード(QRコード)を読み取ろうとしたら、読み取れない。
もしそのような事態におちいったら、それは、マイナポータルの問題ではなく、スマホ2次元バーコード(QRコード)読み取り機能の問題です。

それでは、マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れない時に試してみるべきことを考えていきましょう。

マイナポータルで2次元バーコード(QRコード)が読み取れないときの原因と対策は? 結構いろいろある

  • 2次元バーコード(QRコード)の角度が悪い
  • 2次元バーコード(QRコード)の距離が近い、遠い
  • 2次元バーコード(QRコード)を読み取る場所の明るさ
  • スマホのレンズが汚れている
  • スマホの問題
  • 2次元バーコード(QRコード)の角度が悪い
  • 2次元バーコード(QRコード)の距離が近い、遠い
  • 2次元バーコード(QRコード)を読み取る場所の明るさ
  • スマホのレンズが汚れている
  • スマホの問題

マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れないときの原因は、マイナポータル問題ではなく、スマホ2次元バーコード(QRコード)読み取り機能の問題だと書きました。

では、マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れないとき、スマホ2次元バーコード(QRコード)読み取り機能のどんな問題が考えられるのでしょう。

単純なものから考えていきます。

2次元バーコード(QRコード)の角度が悪い、2次元バーコード(QRコード)の距離が近い、遠い、2次元バーコード(QRコード)を読み取る場所の明るさ、スマホのレンズが汚れている、スマホの問題。

2次元バーコード(QRコード)の角度が悪い

2次元バーコード(QRコード)はとても便利なシステムで、使い始めはその読み取り挙動に驚いたものです。
ただ100%完璧ではなく、角度によっては読み取れないこともあります。

微妙に角度を変えることで読み取ることができるかもしれません。

2次元バーコード(QRコード)の距離が近い、遠い

2次元バーコード(QRコード)を読み取るときにスマホ画面に2次元バーコード(QRコード)を読み取る目安となる枠が表示されます。
この枠にはまらないほど近づきすぎると読み取れませんし、逆に遠すぎると読み取れません。

スマホとの距離を近づけたり、遠ざけたりと試してみるべきでしょう。

2次元バーコード(QRコード)を読み取る場所の明るさ

かなり便利な2次元バーコード(QRコード)ですが、さすがに万能ではなく、例えば部屋など読み取る場所が暗すぎれば読み取ることはできないですし、逆に屋外などで明るすぎて2次元バーコード(QRコード)が太陽に反射してしまっている場合は読み取ることができないことがあります。

適切な明るさの場所で試してみるべきでしょう。

スマホのレンズが汚れている

これはさきほどの「2次元バーコード(QRコード)が汚れている」の逆です。
つまり2次元バーコード(QRコード)が汚れていても、スマホのレンズが汚れていても、どちらでも2次元バーコード(QRコード)が読み取れない可能性があります。

スマホのレンズの汚れをキレイに拭き取ってから試してみましょう。

スマホの問題

スマホによっても問題がある可能性があるようです。

例えばAndroidで読み取ろうとすると読み取れない。
QRコードリーダーアプリを使うと読み取れるなど。

逆にの場合はに標準搭載されているカメラでないと読み取れないなどです。

いずれにしても、標準搭載のカメラで読み取ってみたり、QRコードリーダーアプリを使ってみたり、Googelレンズを使うという方法もあります。

その他の対処方法など

  • スマホを再起動してみる
  • LINEを使う
  • パソコンを使う

スマホを再起動してみる

スマホにしてもパソコンにしても、いまだに単純かつ有効な方法としては再起動です。
あっさり解決するかも。

LINEを使う

世の89%の人がLINEを使う最中、残りの11%に属している私です(一応アカウントは持っていますが)。
LINEでも2次元バーコード(QRコード)が読み取れるとか。試してみる価値アリです。

パソコンを使う

パソコンで2次元バーコード(QRコード)を読み取るというのは、私自身まったく発想にありませんでした。
以下の方法があるようです。

  • Webカメラで読み取る
  • QRコードリーダーでスキャン

Webカメラはまだしも、QRコードリーダーは普通持っていないと思いますので、やや現実味に欠けますが、一応方法としてあります。

なんでマイナポータルで2次元バーコード(QRコード)を読み取るの? マイナンバーカードを読み取る

  • マイナンバーカードを読み取るから
  • マイナンバーカードを読み取るから

マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れないという問題について書いてきましたが、そもそもなぜマイナポータル2次元バーコード(QRコード)を読み取る必要があるのでしょうか?

それは、マイナンバーカードを読み取るからです。

マイナンバーカードを読み取る」とはどういうことか?というと、それはe-Taxをするということです。

e-Taxには、

  • マイナンバーカード方式
  • ID・パスワード方式

があります。

ID・パスワード方式というのは、税務署に行って、IDとパスワードをもらい、e-Taxをするという方法ですが、これは暫定的な措置でいずれなくなります。

つまり、e-Taxはマイナンバーカード方式でする。e-Taxマイナンバーカードでする。ということになります。

ところがマイナンバーカードを読み取るにはICカードリーダーライターが必要です。
2,000円ほどのものですが、購入しないとe-Taxができません。

>ICカードリーダーライターについてくわしくはこちら

複式簿記アプリでiPhone用ってないの? あります。
複式簿記アプリでiPhone用ってないの? あります。 クラウド会計ソフト(複式簿記アプリ)でスマホ(iPhone)用は3つ マネーフォワードクラウド会計、freee会計、やよいの青色申告オンライン iPhoneをICカードリーダーライターとして使う? 複式簿記ができるという意味ではないが、令和4年(2022年)1月から2次元バーコード(QRコード)認証でiPhoneで青色申告ができる 令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード(QRコード)認証って今までと何が違うの? iPhoneで青色申告ができる 理由はBluetoothが不要 じゃあ、クラウド会計ソフトいらないじゃん? 違います

そこで登場したのがNFC対応スマホ。登場したというか、スマホICカードリーダーライター代わりなるということです。

このNFC対応スマホ。はじめAndroidで対応機種を増やしていきましたが、iPhoneでも対応機種が登場しました。

>NFC対応スマホについてくわしくはこちら

https://blue-return-blog.com/use--as-an-ic-card-reader/

しかしこのNFC対応スマホになったというのが、複雑な話で、はいわゆるICカードリーダーライター代わりにはならなかったのです。

正確に言うと、国税庁の確定申告書等作成コーナーを一番スムーズに使うには「確定申告書等作成コーナーパソコン版」を使うわけですが、「確定申告書等作成コーナーパソコン版」からe-Taxをするときに、AndroidのNFC対応スマホではICカードリーダーライター代わりになったところ、ではICカードリーダーライター代わりにはならなかったのです。

そこで登場したのが「2次元バーコード(QRコード)認証」。2次元バーコード(QRコード)認証を使えばでもe-TaxをするときにICカードリーダーライター代わりにすることができるのです。

またさらに正確に言うと、2021年(令和3年)の確定申告期間の途中から、「e-Taxソフト(WEB版)」、「ダウンロード版e-Taxソフト」ではこの2次元バーコード(QRコード)認証ができていました。
しかしこの二つのシステムはe-Taxをするためのシステムで、確定申告書等を作成するシステムではありません。
そこで今年(2022(令和4年))から、「確定申告書等作成コーナーパソコン版」で2次元バーコード(QRコード)認証を使ってICカードリーダーライター代わりにして、e-Taxすることができるようになったのです。

>確定申告書等作成コーナー、2次元バーコード(QRコード)などについてくわしくはこちら

https://blue-return-blog.com/use--as-an-ic-card-reader/

ちなみに、それでは2021年(令和3年)の確定申告期間の途中以前の「iPhoneNFC対応スマホになった」とはなんだったのか?というと、受付システム等、直接的に確定申告e-Taxとは関係ない、かなり限定的なシステムにおいて対応したという内容でした。

なんでそこまでしてe-Taxをすべきなの? 最大65万円の青色申告特別控除のため

  • 最大65万円の青色申告特別控除のため
  • 家から確定申告できる
  • 最大65万円の青色申告特別控除のため
  • 家から確定申告できる

さて、マイナポータル2次元バーコード(QRコード)認証をしてマイナンバーカードを読み取ってe-Taxをするわけですが、そもそもなんでそこまでしてe-Taxをしなければならないのでしょうか?

それは、最大65万円の青色申告特別控除のため、家から確定申告できるということです。

最大65万円の青色申告特別控除のため

確定申告には青色申告白色申告があります。
よく耳にするのは白色申告より青色申告でしょう。
なぜ青色申告をよく耳にするかというと、それは青色申告が推奨されているからです。

青色申告の必須要件には複式簿記があり、複式簿記をすることにより、より経理の透明性が担保されるのです。つまり脱税等不正が行われにくい。

ただ青色申告を推奨して、締め付けを強くしても、そんな複式簿記なんて面倒くさいことをする納税者はいません。
そこで最大65万円の青色申告特別控除というメリットを提示して青色申告を推奨しているのです。

青色申告が実際どのくらいのメリットがあるかというと、

年収白色申告青色申告差額
2,000,000101,0000-101,000
4,000,000317,000159,000-158,000
6,000,000543,000385,000-158,000
8,000,000796,000610,000-186,000
10,000,0001,074,000874,000-200,000
12,000,0001,433,0001,174,000-259,000
14,000,0001,794,0001,535,000-259,000
16,000,0002,163,0001,904,000-259,000
18,000,0002,531,0002,299,000-232,000
20,000,0002,870,0002,652,000-218,000

>最大65万円の青色申告特別控除の試算についてくわしくはこちら

最大65万円の青色申告特別控除ってどれくらいオトクなの? シミュレーションしてみました
最大65万円の青色申告特別控除ってどれくらいオトクなの? シミュレーションしてみました 最大65万円の青色申告特別控除を理解する? 所得税の計算方法を知れば理解できる 最大65万円の内訳は?なぜ最大65万円なのか? 紆余曲折をへて法改正により2020年から65万円 最大65万円の青色申告特別控除はどうすれば受けられる? 複式簿記とe-Taxによる申告または電子帳簿保存で最大65万円の青色申告特別控除 最大65万円の青色申告特別控除をカンタンに受けるには? クラウド確定申告ソフトがおススメ

家から確定申告できる

たしかにたまたまコロナ禍であることを考えると家から確定申告をするということは、新型コロナウイルス蔓延防止観点からも有効だと思います。

またコロナ禍でなくてもたった1ヶ月の期間に税務署や特設会場に人が行列をなすということは、効率的なことではありません。

しかし、やはりe-Taxの最大のメリットは最大65万円の青色申告特別控除です。

最大65万円の青色申告特別控除を受けるためにはどうすればいいの? 青色申告をする

  • 青色申告をする
  • 青色申告をする

ではそのe-Taxの最大のメリットである最大65万円の青色申告特別控除を受けるためにはどうすればいいか?というと、それは、青色申告をするということになります。

青色申告をするには何が必要か?という問題になりますが、それは、

  • 複式簿記
  • e-Taxもしくは電子帳簿保存

です。

複式簿記

一番のハードルは複式簿記です。

日付借方貸方
8月26日消耗品費 5,545円未払金 5,545円
8月27日旅費交通費 64,515円現金 64,515円
9月6日通信費 27,853円未払金 27,853円
9月6日商品売上 4,900円商品Aの売上 4,900円
9月7日その他売上 239,900円商品その他売上 239,900円
9月10日消耗品費 20,000円未払金 20,000円
9月10日旅費交通費 76,865円現金 76,865円

借方と貸方

>複式簿記についてくわしくはこちら

複式簿記を超入門的に説明できないか? 単純には単式簿記との違い
複式簿記を超入門的に説明できないか? 単純には単式簿記との違い 単式簿記を知らないと複式簿記は理解できない? 単式簿記は銀行口座の明細 複式簿記をするとどんなメリットがあるの? 最大65万円の青色申告特別控除を受けられるなど なぜ青色申告特別控除に複式簿記が必須なの? 適正な会計処理が保証されるから 覚える?やる?複式簿記? その時間は本業に費やすべし 難しい複式簿記をカンタンにやる方法は? クラウド確定申告ソフトを使う

e-Taxもしくは電子帳簿保存

青色申告をするのに必須な内容として、

  • e-Tax
  • 電子帳簿保存

のどちらか、というものがあります。

電子帳簿保存

電子帳簿保存は、例えば事業を行っていて、最近は請求書や領収書のペーパーレスが進み、電子的に保存するということがあります。
また経費にしてもECサイトから仕入れることにより、領収書を紙で保存していることも非効率になってきています。

電子帳簿保存は、一見言葉として難しそうなイメージがありますが、実は現代のビジネスにおいて効率的なシステムなのです。

しかし例えば個人事業主やフリーランスとして、事業をはじめたばかりという人が必ずしも電子帳簿保存に対応しなければならないというものではありません。

>電子帳簿保存についてくわしくはこちら

電子帳簿保存法は先送り?導入しなきゃいけないの? 個人事業主、フリーランスなどは基本的には不要
電子帳簿保存法は先送り?導入しなきゃいけないの? 個人事業主、フリーランスなどは基本的には不要 改正電子帳簿保存法は義務?強制? そもそも、もともと紙で管理しているなら対応する必要はない 改正電子帳簿保存法が2年間先送り? 2022年(令和4年)1月施行の改正電子帳簿保存法は2年間猶予期間を設ける 2年後以降も紙保存をしていても青色申告の承認が取り消されるわけではない? 電子帳簿保存をしている事業者が改正に対応するかしないかの話 青色申告の要件は電子帳簿保存or e-Tax? 個人事業主、副業の人はe-Taxでいいんじゃない? もしそれでも電子帳簿保存を導入するなら 確定申告freeeが改正電子帳簿保存法に対応! 青色申告と電子帳簿保存の関係は? 電子帳簿保存も青色申告の要件のひとつ

最大65万円の青色申告特別控除の必須要件である、電子帳簿保存もしくはe-Tax
どちらかを選ぶとしたらe-Taxの方が取り組みやすいと思います。

e-Tax

さて、本題の「マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れない?」につながるe-Taxです。

e-Taxマイナポータル2次元バーコード(QRコード)認証が導入されて、以前と比較して大分ハードルが下がりました。
しかし、まだまだ難しい部分も多々あります。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカード交付申請書
  • マイナンバーカード個人番号通知書
  • ID・パスワード方式
  • ICカードリーダー
  • マイナンバーカード対応NFCスマートフォン
  • e-Tax
  • 確定申告書等作成コーナー
  • 利用者証明用電子証明書のパスワード(数字4桁)
  • 署名用電子証明書のパスワード(英数字6文字以上16文字以下)
  • 券面事項入力補助用のパスワード(数字4桁、初めてのとき)
  • 理商社識別番号
  • 電子証明書
  • e-Taxソフト(WEB版)
  • e-Taxソフト(SP版)
  • 確定申告書B
  • 青色申告決算書
  • QRコード付証明書等作成システム
  • 電子署名
  • JPKIMobileアプリ
  • マイナポータルアプリ

>e-Taxの設定が難しい件についてくわしくはこちら

e-Taxで確定申告できるのはいつから?2023年(令和5年)は? 1月4日(水)から 2月15日以前でもできる
e-Taxで確定申告できるのはいつから?2023年(令和5年)は? 1月4日(水)から使えるが 確定申告は3月15日~ 単純にe-taxが使える期間は? 2023年(令和5年)1月4日(水)~2023年(令和5年)12月28日(木) e-taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない e-taxをレビューしてみた 設定は?使ってみて?代替策は? クラウド確定申告ソフトのサポートに助けてもらう

青色申告をカンタンにできないものか? クラウド会計ソフトがおススメ

さて今回の切り口は「マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れない?」でした。
なぜマイナポータル2次元バーコード(QRコード)を読み取るのか?
なぜe-Taxをするのか?
なぜ青色申告をするのか?

そこには難しいハードルがいくつか存在していて、
この「マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れない?」もあります。
複式簿記をどうやってやるのか?もあります。
e-Taxの設定はできるのか?もあります。

一番カンタンな方法は税理士にお任せすること。

税理士費用目安
売上税理士料金
500万円未満10万円
500万円以上1000万円未満15万円
1000万円20万円

もし売上と税理士にかかる費用のバランスが悪いのであるならば、
次におススメなのはクラウド会計ソフトです。

>クラウド会計ソフトについてくわしくはこちら

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主、フリーランスなどに最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき
マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき 弥生の青色申告も含めてを徹底比較! どうすれば青色申告特別控除で最大65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除最大65万円はムリなのか? クラウド会計ソフトを使えばできる で?そのクラウド会計ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド会計ソフトはマネーフォワードクラウド会計、freee会計、やよいの青色申告オンラインの3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 クラウド会計ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業ならマネーフォワードクラウド会計、freee会計、やよいの青色申告オンラインの三択 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版のマネーフォワード確定申告とfreee会計やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした

クラウド会計ソフトを使う一番のメリットは、わたしはそのサポートだと思っています。
クラウド会計ソフト複式簿記ができるのはもちろんのこと、e-Taxの設定もサポートに頼ることができます。

さらに売上経費等、自分で計算する必要はなく、銀行口座明細やクレジットカード明細を自動で取り込み、複式簿記。そのまま確定申告書類もできあがります。

無料で!ということならば、国税庁の確定申告書等作成コーナーになります。
やってできないことはありませんが、わたしなら月額約1,000円を払ってクラウド会計ソフトを使います。

確定申告書青色申告
決算書
パソコン
e-Tax送信
スマホ
e-Tax送信
明細計算確定申告
ソフト
データ
取り込み
確定申告書等作成コーナー
スマホでは×
青色×白色〇××
e-Taxソフト(WEB版)××××
e-Taxソフト(SP版)×××××
e-Taxソフト××
クラウド
確定申告
ソフト
〇※

これらのソフトをどのように使うかを理解するだけでも面倒だと私は思います。

>複雑な確定申告書等作成コーナーをまとめてみた件についてくわしくはこちら

確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた
e-tax&確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた e-taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーはダメ

無料で!しかもだれかに教えてもらって!
ということならば、税務署や特設会場に行って申告相談をしながら確定申告をしましょう。
しかしコロナ禍です。そしてコロナが終息してもWithコロナの時代になるでしょうから、いつまでも「税務署や特設会場に行って申告相談をしながら確定申告」という方法ができるのか?ちょっと不透明な部分があると思います。

国税庁も

  • 既に80%以上の方が、確定申告会場に来場せずに確定申告しています。
  • 今一度、自宅からのe-Taxをご検討ください。

と書いています。

>税務署や特設会場は入場整理券対応になっている

確定申告の整理券はどうやってもらうの? LINE事前発行or会場当日配布
確定申告の整理券はどうやってもらうの? LINE事前発行or会場当日配布 確定申告の会場はどこ? 税務署や特設会場 特設会場、税務署に行かなければならないのか? 自分でやるのは最終手段

まとめ

マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れない?ということでしたが、それはマイナポータルの問題ではないでしょう。

マイナポータル2次元バーコード(QRコード)が読み取れないときの原因と対策は、 結構いろいろあり、いろいろ試してみた方がいいと思います。

なんでマイナポータル2次元バーコード(QRコード)を読み取るのか?いまさらながら振り返ると、マイナンバーカードを読み取るためです。

なんでそこまでしてe-Taxをすべきなのか?は、最大65万円の青色申告特別控除のためです。

最大65万円の青色申告特別控除を受けるためには、青色申告をするのです。

青色申告をカンタンにするには、クラウド会計ソフトがおススメです。

タイトルとURLをコピーしました