上場企業の会計ソフトのシェア率は? クラウド確定申告ソフトに上場しているいないは関係ない

上場企業の会計ソフトのシェア率は? クラウド確定申告ソフトに上場しているいないは関係ないクラウド確定申告ソフト
この記事は約10分で読めます。

個人事業主のクラウド確定申告ソフトのシェア率は、弥生の青色申告が57%、確定申告freeeが20.6%、マネーフォワード確定申告が14.8%となっています。

一般的にシェア率で商品、メーカー、企業を選ぶというのは生活上安全なことだと思います。

より多くの人に支持されているからシェア率も高いわけです。

逆に信頼を失った商品、メーカー、企業のシェア率は必然的に落ちていくでしょう。

一方、明確な数値として現れるシェア率は信用できますが、曖昧な誇大表現は全く信用できません。

例えば「日本最大級のひとつ」などという表現は天下のNHKなどでも使われています。

本来、最大はひとつです。

その最大が「級」がつくことにより曖昧になる。

さらに最大級がいくつもあってそのうちの「ひとつ」にすぎない。

逆に拡大解釈をすると、例えば「100しかないもののうち1つだけ小さい。99は大きく(最大級)、その99のうちの1つにすぎないものは「最大級のひとつ」になるわけで、最大である1/100ではなく、99/100、つまりほとんどは「最大級のひとつ」です。

マネーフォワード確定申告確定申告freee弥生の青色申告などはどう表現するのでしょう。

日本最大級のクラウド確定申告ソフトのひとつ
(※個人事業主において ※大企業は除く ※当社調べ)

というのは冗談ですが・・・

上場企業の会計ソフトのシェア率は?
クラウド確定申告ソフトに上場しているいないは関係ない

  1. 上場企業の会計ソフトのシェア率は? クラウド確定申告ソフトに上場しているいないは関係ない
    1. 個人事業主、副業などや、中小企業で上場企業のシェア率が気になった方は
  2. 個人事業主のクラウド確定申告ソフトシェア率は? 弥生の青色申告 57%、確定申告freee 20.6%、マネーフォワード確定申告 14.8%(2021年データ)
    1. クラウド確定申告ソフト選択の判断基準はシェア率だけじゃない
    2. クラウド確定申告ソフトは最大65万円の青色申告特別控除が受けられる 青色申告ができる
  3. 中小企業のクラウド確定申告ソフトシェア率は? 確定申告freeeが32.3%、マネーフォワード確定申告が19.2%、弥生の青色申告が15.4%(2020年データ)
  4. 大企業のクラウド確定申告ソフトシェア率は? 大企業のシェア率というデータはない マネーフォワード確定申告なら社員数301名以上の導入事例も
  5. 確定申告freee?マネーフォワード確定申告?聞いたことない? 勘定奉行やMJSは超大企業向け
    1. 有名大企業が使っている有名なクラウド確定申告ソフト
  6. 確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生の青色申告と上場の関係は? 上場するにはクラウド確定申告ソフトは不可欠 弥生の青色申告は上場していない
    1. 上場するにはクラウド確定申告ソフトは不可欠
      1. 上場企業と未上場企業の違いは
    2. 弥生の青色申告は上場していない
  7. 確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生の青色申告でおススメは? 比較しているので参考にしてください。
  8. まとめ

上場企業の会計ソフトのシェア率は? クラウド確定申告ソフトに上場しているいないは関係ない

  • クラウド確定申告ソフトに上場は関係ない
  • クラウド確定申告ソフトは企業規模で選ぶ
  • 個人事業主、中小企業、大企業のデータが参考になる

上場企業の会計ソフトのシェア率は?ということですが、結論から言うと、

上場企業に人数は関係ない

ということになります。

上場企業とは証券取引所で株式の売買ができる企業です。

上場企業に人数は関係ないのです。

例えば、東洋経済オンラインの「正社員の少ない」上場企業300社ランキングによると、社員1人でも上場している会社があります。

つまり上場企業と企業規模とは関係がないのです。

クラウド確定申告ソフトを選ぶ際に考慮すべきは企業規模です。

個人事業主、副業などが選ぶべきクラウド確定申告ソフト、中小企業が選ぶべきクラウド確定申告ソフト。大企業が選ぶべきクラウド確定申告ソフト

つまり上場企業がどのようなクラウド確定申告ソフトを使っているかは、その上場企業の企業規模に左右されます。

上場しているかしていないかはクラウド確定申告ソフトに関係がないので、そもそもそのようなデータを集める意味がないのです。

個人事業主、中小企業、大企業のシェア率のデータが参考になります。

ちなみに会計ソフト、クラウド会計ソフト、クラウド確定申告ソフトなどの名称の違いですが、製品はすべて同じです。
会計ソフトは今やクラウドの時代ですので、会計ソフトとクラウド会計ソフトは同じ。

会計ソフトの利用目的として、最も多いのは確定申告であり、クラウド確定申告ソフトの会社もその時々で「クラウド会計ソフト」と言ったり、「クラウド確定申告ソフト」と言ったりと変わります(確定申告時期、需要ならはクラウド確定申告ソフト、経理、会計、収支管理目的の需要に対してはクラウド会計ソフトなど)。また同じソフト会社のWebページの中でも呼び分けるなどの傾向が見られます。

ちなみに似たようなことで、当ブログでもやよいの青色申告弥生の青色申告弥生の青色申告弥生の青色申告会計と表示することがありますが、基本的にはすべてやよいの青色申告であり、また弥生の青色申告シリーズをそのように表現しています。

個人事業主、副業などや、中小企業で上場企業のシェア率が気になった方は

個人事業主、副業などや、中小企業で、上場企業のシェア率が気になった方は、上場企業という括りでのシェア率のデータはないので、下記、個人事業主、中小企業、大企業のデータを参考にしてください。

個人事業主のクラウド確定申告ソフトシェア率は? 弥生の青色申告 57%、確定申告freee 20.6%、マネーフォワード確定申告 14.8%(2021年データ)

  • 弥生の青色申告 57%
  • 確定申告freee 21.1%
  • マネーフォワード確定申告 14.8%

個人事業主、副業などのクラウド確定申告ソフトシェア率

弥生の青色申告57%、確定申告freeeが20.6%、マネーフォワード確定申告が14.8%

(出典:MM総研HP)

クラウド確定申告ソフト選択の判断基準はシェア率だけじゃない

クラウド確定申告ソフト選択の判断基準はシェア率だけではありません。

私はUI(ユーザーインターフェース)、サポートがもっとも重要だと思っています。

また、料金確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-Taxとの連携も要素となります。

私はクラウド確定申告ソフトを3つ全部使ってレビューしました。

>クラウド確定申告ソフトのレビュー記事はこちら

freee とマネーフォワード どっちが個人事業主、副業などに最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき
マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき 弥生会計も含めてを徹底比較! どうすれば青色申告特別控除で最大65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除最大65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 クラウド確定申告ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業なら確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした

クラウド確定申告ソフトは最大65万円の青色申告特別控除が受けられる 青色申告ができる

クラウド確定申告ソフトは、最大65万円の青色申告特別控除が受けられ、青色申告ができます。

どうせ確定申告するなら、複式簿記e-Tax青色申告。最大65万円の青色申告特別控除を目指したいものです。

>青色申告についてはこちら

>青色申告特別控除についてはこちら

>複式簿記についてはこちら

>e-Taxについてはこちら

>青色申告ができるクラウド確定申告ソフトのレビュー記事はこちら

freee とマネーフォワード どっちが個人事業主、副業などに最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき
マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき 弥生会計も含めてを徹底比較! どうすれば青色申告特別控除で最大65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除最大65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 クラウド確定申告ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業なら確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした

中小企業のクラウド確定申告ソフトシェア率は? 確定申告freeeが32.3%、マネーフォワード確定申告が19.2%、弥生の青色申告が15.4%(2020年データ)

  • 確定申告freeeが32.3%
  • マネーフォワード確定申告が19.2%
  • 弥生の青色申告が15.4%

中小企業のクラウド確定申告ソフトシェア率

確定申告freeeが20.6%、マネーフォワード確定申告が14.8%、弥生の青色申告が57%、

(出典:MM総研HP)

大企業のクラウド確定申告ソフトシェア率は? 大企業のシェア率というデータはない マネーフォワード確定申告なら社員数301名以上の導入事例も

  • 大企業のクラウド確定申告ソフトのシェア率のデータはない
  • マネーフォワード確定申告なら社員数301名以上の導入事例も

私の知っている限り、また調べる限り、大企業のクラウド確定申告ソフトのシェア率のデータはありません。

マネーフォワード確定申告なら社員数301名以上の導入事例も紹介しています。

マネーフォワード確定申告社員数301名以上の導入事例

(出典:マネーフォワードHP)

確定申告freee?マネーフォワード確定申告?聞いたことない? 勘定奉行やMJSは超大企業向け

  • 勘定奉行やMJSは超大企業向け

弥生の青色申告はまだ聞いたことがあっても、確定申告freeeマネーフォワード確定申告は聞いたことがない人もいるかもしれません。

逆に知名度が高いのは勘定奉行やMJSなど。

テレビCMをよくやっているから、ということもありますが、実はそれらの会計ソフトはまさに大企業向けなのです。

一覧にしてみました。

有名大企業が使っている有名なクラウド確定申告ソフト

SuperStream-NX

鈴与シンワート株式会社
提供形態:オンプレミス、パッケージソフト、SaaS
対象従業員規模:全ての規模に対応

弥生の青色申告会計

弥生の青色申告株式会社
提供形態:パッケージソフト
対象従業員規模:全ての規模に対応

勘定奉行クラウド

株式会社オービックビジネスコンサルタント
提供形態:クラウド、SaaS
対象従業員規模:全ての規模に対応

Plaza-i

株式会社ビジネス・アソシエイツ
提供形態:パッケージソフト、オンプレミス、クラウド
対象従業員規模:50名以上

SAP Business ByDesign

SAPジャパン株式会社
提供形態:クラウド、SaaS
対象従業員規模:100名以上 1,000名未満

MJSLINK NX-Plus 財務大将

株式会社ミロク情報サービス
提供形態:パッケージソフト
対象従業員規模:1,000名未満

ネット上にはあまりに情報が乏しいため、ITトレンドというIT製品の比較、資料請求サイトのランキングから引用させていただきました(シェア率がわからないのが残念なところです)。

「勘定奉行」、「弥生の青色申告」、「OBIC」、「MJS(ミロク情報サービス)」などが出てきました。あとは個人的に知っているのは「SAP」です。

見ていただければお分かりになられるかと思いますが、対象従業員規模が全ての規模に対応というのもありますが、50名以上100名以上 1,000名未満などです。

また、提供形態がクラウドももちろんありますが、オンプレミス、パッケージソフト、SaaSなどがあります。

オンプレミス ( 英語: on-premises(オン・プレミシズ))とは、情報システムのハードウェアを使用者(通常は企業)が自社保有物件やデータセンター等の設備内に設置・導入し、それらのリソースを主体的に管理する運用形態をいう。自社運用(型)とも訳される。

(出典:wikipedia)

SaaS(サース、Software as a Service)は、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)もしくはその提供形態のこと。一般にはインターネット経由で必要な機能を利用する仕組みで、シングルシステム・マルチテナント方式になっているものを指す。

(出典:wikipedia)

確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生の青色申告と上場の関係は? 上場するにはクラウド確定申告ソフトは不可欠 弥生の青色申告は上場していない

  • 上場するにはクラウド確定申告ソフトは不可欠
  • 弥生の青色申告は上場していない

自社が上場するのにクラウド確定申告ソフトが必要なのか?と言う問題と、逆に確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生の青色申告は上場しているのか?という問題です。

上場するにはクラウド確定申告ソフトは不可欠

自社が上場するときに、クラウド確定申告ソフトが必要なのか?という点で考えます。

これは必要です。

上場企業と未上場企業の違いは

外部に情報を開示する必要がある

提出すべき書類がとても多い

会計・経理の業務の負担も大きい

内部統制が重視される

つまり、上場企業にクラウド確定申告ソフトは不可欠なのです。

弥生の青色申告は上場していない

弥生の青色申告マネーフォワード確定申告確定申告freeeの3社のうち上場しているのはマネーフォワード確定申告確定申告freeeの2社。

弥生の青色申告は上場していません。

確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生の青色申告でおススメは? 比較しているので参考にしてください。

シェア率がわかったところで、その他の判断材料はなんでしょうか?

私はUI(ユーザーインターフェース、画面)、サポートが最も重要だと思っています。

その他にも、料金確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-Taxとの連携も考慮すべきです。

レビューUI(ユーザーインターフェース)がわかる画面の動画入りの比較記事を作りました。

>>確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生の青色申告の比較記事はこちら

freee とマネーフォワード どっちが個人事業主、副業などに最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき
マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき 弥生会計も含めてを徹底比較! どうすれば青色申告特別控除で最大65万円の控除は受けられるのか? 複式簿記は難しくe-taxも設定が面倒 複式簿記とかe-taxとか難しいんじゃない? 個人でやるのは私もムリ 個人で青色申告特別控除最大65万円はムリなのか? クラウド確定申告ソフトを使えばできる で?そのクラウド確定申告ソフトにはどんなのがあるのよ? クラウド確定申告ソフトは確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の3択 UI、サポート以外で比較! レビュー、料金、シェア率、確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携 クラウド確定申告ソフト シェア率は? 個人事業主、中小企業なら確定申告freee、マネーフォワード確定申告、弥生会計の三択 UI、サポートが自分に合っているか試すには? 無料お試し スマホ版の確定申告freeeとマネーフォワード確定申告やfreee開業、マネーフォワード クラウド開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした

まとめ

上場企業のクラウド確定申告ソフトのシェア率は?ということでしたが、クラウド確定申告ソフトに上場しているいないは関係ありません。

個人事業主などのクラウド確定申告ソフトのシェア率はどうか?というと、 弥生の青色申告 57%、確定申告freee 20.6%、マネーフォワード確定申告 14.8%(2021年データ)です。

中小企業のクラウド確定申告ソフトのシェア率は、 確定申告freeeが32.3%、マネーフォワード確定申告が19.2%、弥生の青色申告が15.4%(2020年データ)です。

大企業のクラウド確定申告ソフトのシェア率は、大企業のシェア率というデータはありませんが、マネーフォワード確定申告なら社員数301名以上の導入事例もあります。

確定申告freeeマネーフォワード確定申告?聞いたことない?という人もいると思いますが、勘定奉行やMJSは超大企業向けなのです。

確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生の青色申告と上場の関係については、上場するにはクラウド確定申告ソフトは不可欠です。またクラウド確定申告ソフトの会社が上場しているか?というと、弥生の青色申告は上場していません。

確定申告freeeマネーフォワード確定申告弥生の青色申告でのおススメについては、比較しているので参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました