スマホをICカードリーダーライターとして使う? 令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード認証でiPhoneで青色申告ができる

スマホをICカードリーダーライターとして使う? 令和4年1月から2次元バーコード認証ができるが、iPhoneで青色申告ができるカードリーダー
この記事は約15分で読めます。

青色申告をすべく確定申告をするにあたって、確定申告書等の提出手段としては、税務署に直接持って行く、郵送、e-Taxです。

最大65万円の青色申告特別控除を受けようとすると複式簿記とともに、e-Taxもしくは電子帳簿保存になります。

電子帳簿保存は、またハードルが高く、e-Taxが現実的です。

現在、e-Taxにはマイナンバーカード方式とID・パスワード方式(暫定的)があります。

これまでe-Taxのマイナンバーカード方式は利用用途が限定的でしたが、令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード認証ができるようになり少しだけ便利になるのです。

その恩恵は特にiPhoneユーザーにあり、今までできなかったパソコン版確定申告書等作成コーナーからの青色申告ができるようになります。

スマホをICカードリーダーライターとして使う?
令和4年(2022年)1月から2次元バーコード認証でiPhoneで青色申告ができる

スマホをICカードリーダーライターとして使う? 令和4年(2022年)1月から2次元バーコード認証でiPhoneで青色申告ができる

  • 令和4年(2022年)1月から2次元バーコード認証
  • iPhoneで青色申告ができる
  • iPhoneがパソコンのICカードリーダーとして使える
  • ただし青色申告はパソコン版確定申告書等作成コーナーのみ

まず、スマホICカードリーダーライターとして使えるか?という問題ですが、令和4年(2022年)1月から2次元バーコード認証ができると国税庁が発表しています。

その結果として、スマホICカードリーダーライターとして使って青色申告ができるようになるのか?というと、結論から言うと、

令和4年(2022年)1月から2次元バーコード認証ができるようになるとiPhoneで青色申告ができる、ただし青色申告はパソコン版確定申告書等作成コーナーのみ

ということです。

その根拠をみていきます。

令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード認証って今までと何が違うの? iPhoneで青色申告ができる 理由はBluetoothが不要

  • ICカードリーダーとして使えるスマホがAndroidとiPhoneになった
  • iPhoneがICカードリーダーとして使える
  • ただし青色申告はパソコン版確定申告書等作成コーナーのみ

令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード認証は、今までと何が違うのか?というと、iPhoneに青色申告の道がひらけたことです。
その理由は、Bluetoothが不要になったことです。

まずは、カンタンにわかりやすく単純化した表を作ってみました。
あくまで個人事業主フリーランスなどの人が青色申告をしたいという前提です。

確定申告書等作成コーナー、e-Taxソフトとパソコン、スマホ、タブレットの関係

いままで

◎が2次元バーコード(QRコード)認証
ICはICカードリーダーライター

iPhoneAndroidTabletパソコン
確定申告書等作成コーナー
パソコン版
××IC
Android
確定申告書等作成コーナー
スマホ版
×
e-Taxソフト(WEB版)×IC
Android
iPhone
e-Taxソフト(SP版)××
ダウンロード版e-Taxソフト×××IC
Android
iPhone

令和4年(2022年)1月から

◎が2次元バーコード(QRコード)認証
ICはICカードリーダーライター

iPhoneAndroidTabletパソコン
確定申告書等作成コーナー
パソコン版
×IC
Android
iPhone
確定申告書等作成コーナー
スマホ版
×
e-Taxソフト(WEB版)×IC
Android
iPhone
e-Taxソフト(SP版)××
ダウンロード版e-Taxソフト×××IC
Android
iPhone
確定申告書等作成コーナー、e-Taxソフトとパソコン、スマホ、タブレットの関係解説

パソコン版確定申告書等作成コーナーでiPhoneでマイナンバーカードを読み取ってe-Tax送信できるようになる。

e-Taxにマイナンバーカード方式が導入されてから、対応していたのはICカードリーダーライターでした。
もちろん、ICカードリーダーライターはパソコンに接続するものであり、スマホやタブレットでICカードリーダーライターは利用できませんでした。

ここにICカードリーダーライター代わりに利用できるNFC対応スマホが登場します。
パソコン版確定申告書等作成コーナーe-Taxソフト(WEB版)ダウンロード版e-TaxソフトICカードリーダーライター代わりになったと同時に、スマホ版確定申告書等作成コーナーe-Taxソフト(SP版)では、そのままマイナンバーカードを読み取ることができます。

ただし、パソコンの場合、これはAndroidとBluetoothの接続によるもので、Bluetoothに対応していないiPhoneは、スマホ版確定申告書等作成コーナーの利用に限定されていました。

また、令和3年(2021年)の確定申告期間中に2次元バーコード(QRコード)認証が導入され、e-Taxソフト(WEB版)e-Taxソフト(SP版)、タブレットに対応しました(e-Taxソフト(WEB版)e-Taxソフト(SP版)ICカードリーダーライター代わりにiPhoneも使えるようになった)。

今回、令和4年(2022年)1月から、2次元バーコード(QRコード)認証が、パソコン版確定申告書等作成コーナーにも対応したことから、iPhoneでもパソコン版確定申告書等作成コーナーを使って、e-Tax送信ができるようになります。

ICカードリーダーライター代わりとして

ICカードリーダーライターとしての視点で考えると、今までAndroidがパソコン版確定申告書等作成コーナーe-Taxソフト(WEB版)ダウンロード版e-TaxソフトICカードリーダーライターの代わりに使えていて、iPhoneが使えませんでした。

これが、令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード(QRコード)認証によって、iPhoneもパソコン版確定申告書等作成コーナーe-Taxソフト(WEB版)ダウンロード版e-TaxソフトICカードリーダーライター代わりに使えるということになります。

青色申告の端末のくみあわせ

いままで

パソコン&iPhoneパソコン&Androidパソコン
&
タブレット
青色申告×
白色申告×

令和4年(2022年)1月から

パソコン&iPhoneパソコン&Androidパソコン
&
タブレット
青色申告
白色申告
端末のくみあわせの解説

前提として、以下

  • いままで
    • 青色申告は確定申告書等作成コーナー(パソコン利用)
      (クラウド型確定申告ソフトのデータ取込でe-Taxソフト(WEB版)、e-Taxソフト(SP版)も)
    • その際にICカードリーダーとして使えるスマホはAndroidのみ
  • これから
    • 青色申告は確定申告書等作成コーナー(パソコン利用)
      (クラウド型確定申告ソフトのデータ取込でe-Taxソフト(WEB版)、e-Taxソフト(SP版)も)
    • ICカードリーダーとして使えるスマホがAndroidとiPhoneになった

つまり、確定申告書等作成コーナー単体で考えると(クラウド確定申告ソフトのデータ取込ではなく)、いままでは青色申告ができる道は、確定申告書等作成コーナーをパソコンで使って、ICカードリーダーライターかAndroidスマホでマイナンバーカードを読み取るという方法でしか青色申告はできませんでした。

令和4年(2022年)1月からは、相変わらず、確定申告書等作成コーナー単体で考えると(クラウド確定申告ソフトのデータ取込ではなく)、青色申告ができる道は、確定申告書等作成コーナーをパソコンで使います。
ただし、マイナンバーカードを読み取る方法としては、ICカードリーダーライターかiPhone、もしくはAndroidスマホと、iPhoneにもその道は開けたのです。

ただしiPhoneもマイナポータルアプリに対応している必要があり、それはiOS 13.1以上がインストールされたiPhone 7以降の機種です(余談ではありますが、QRコードが読み取れればiPhone 7より前でもいいように感じますが、そもそもQRコードをマイナポータルアプリから読み取る必要があるので、iPhone7以降でないとできません)。

>マイナポータルアプリに対応しているiPhone 7以降の機種ではこちら

iphoneをICカードリーダーとして使う? 7以降で2次元バーコード認証で使える
iPhoneをe-Taxのカードリーダーとして使えるか? 7以降で2次元バーコード認証で使える iPhoneをICカードリーダーライター代わりに、ICカードリーダーライターとして、使うという意味は? スマホ版確定申告書等作成コーナーや二次元バーコード認証 スマホでマイナンバーカードを読み取るためのマイナポータルとe-Taxの連携方法 いまスマホの対応機種を持っていなければ? スマホは高い、icカードリーダーライターは2,000円程度 ID・パスワード方式の暫定的な対応 いまだに残るicカードリーダーライターの必要性 e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない 不便なe-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー以外のかんたんな方法は? クラウド確定申告ソフトを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる

なぜ確定申告書等作成コーナー単体で考えると(クラウド確定申告ソフトのデータ取込ではなく)、確定申告書等作成コーナーをパソコンで使うしか青色申告ができなかったかというと、青色申告に必須の青色申告決算書が、パソコン版確定申告書等作成コーナーでしか作れないからです。

逆にスマホ版確定申告書等作成コーナーではどうかというと、収支内訳書しか作れないことから、青色申告はできないのです。ただ収支内訳書が作れるということは白色申告はできます。
つまりiPhoneでもAndroidでもスマホ版確定申告書等作成コーナー白色申告確定申告はできるということです。

また、パソコン版確定申告書等作成コーナーからe-Tax送信する際に、ICカードリーダーライターがあれば問題ありませんが、スマホの場合は、AndroidはBluetooth機能を使ってe-Tax送信します。
これに対してiPhoneはBluetooth機能が使えないため、パソコン版確定申告書等作成コーナーでもiPhoneを使ってのe-Tax送信はできなかったのです。

タブレットについてはどうかというと、タブレットは元々マイナンバーカードを読み取る機能がありません(交通系ICカードが読み取れないことを考えるとわかりやすいと思います)。
またタブレットをパソコンと物理的につなぐこともできません(USBやmicro-b、type-cなど)。
ただ、すでに2次元コードには対応していて、e-Tax送信はできていました。

青色申告の端末ごとの利用可否

いままで

iPhoneAndroidパソコンタブレット
青色申告×××
白色申告
ICカードーリーダー
として
×××

令和4年(2022年)1月から

iPhoneAndroidパソコンタブレット
青色申告×××
白色申告
ICカードーリーダー
として
××
端末ごとの利用可否の解説

端末ごとの利用可否という視点でみていきたいと思います。

結論から言うと、

  • iPhoneがICカードリーダーとして使える

ということになります。

iPhoneであればなんでもICカードリーダーライターとして使えるというわけではありません。
機種により違います。

>ICカードリーダーライターとして使えるiPhoneはこちら

iphoneをICカードリーダーとして使う? 7以降で2次元バーコード認証で使える
iPhoneをe-Taxのカードリーダーとして使えるか? 7以降で2次元バーコード認証で使える iPhoneをICカードリーダーライター代わりに、ICカードリーダーライターとして、使うという意味は? スマホ版確定申告書等作成コーナーや二次元バーコード認証 スマホでマイナンバーカードを読み取るためのマイナポータルとe-Taxの連携方法 いまスマホの対応機種を持っていなければ? スマホは高い、icカードリーダーライターは2,000円程度 ID・パスワード方式の暫定的な対応 いまだに残るicカードリーダーライターの必要性 e-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーは使える代物ではないし、青色申告をしてくれるわけではない 不便なe-Tax&国税庁の確定申告書等作成コーナー以外のかんたんな方法は? クラウド確定申告ソフトを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる

繰り返しになりますが、青色申告できるのはパソコン版確定申告書等作成コーナーです。
青色申告決算書を作成することができ、ICカードリーダーライターもしくはAndroidスマホでe-Tax送信ができます。

iPhoneでもAndroidでも、スマホ版確定申告書等作成コーナーでは、収支内訳書を作成して白色申告はできても青色申告決算書を作成することができないので、青色申告はできません。

これは今までも、令和4年(2022年)1月以降も変わりません。

また繰り返しになりますが、パソコン版確定申告書等作成コーナーを使って青色申告すべく、Androidがe-Tax送信できるのは、AndroidがBluetoothを使えるからです。
iPhoneはBluetoothが使えないので、e-Tax送信、つまりICカードリーダーライターの代わりにiPhoneを使うことはできなかったのです。

令和4年(2022年)1月からは、iPhoneも2次元バーコードが使えるのでiPhoneをICカードリーダーライターの代わりに使えるのです。

つまり、パソコン版確定申告書等作成コーナーで青色申告決算書を作成して、iPhoneを使ってe-Tax送信ができます。

ちなみにクラウド確定申告ソフトデータ取込は・・・

ちなみにクラウド確定申告ソフトのデータ取込は?というと、e-Taxソフト(WEB版)ダウンロード版e-Taxソフトでできます。

e-Taxソフト(WEB版)はそもそもICカードリーダーライターとAndroidが使えました。
そしてiPhoneも、すでに2次元バーコード認証に対応しているから、クラウド確定申告ソフトのデータ取込をしてe-Tax送信することができます。

ダウンロード版e-TaxソフトもそもそもICカードリーダーライターとAndroidが使えました。
そしてiPhoneは、今までも、令和4年(2022年)1月からも、2次元バーコード認証に対応していないので、クラウド確定申告ソフトのデータ取込をしてe-Tax送信することができません。

令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード認証でなにが変わるかの解説

つまり、なにが問題であったのか?なにが改善されるのかというと、それはBluetoothです。Bluetoothが使えなかったからiPhoneは対応機種が増えても、機能に制限があったのです。

BluetoothがなくてもiPhoneで使えた機能は、繰り返しになりますが、スマホ版確定申告書等作成コーナーで、Bluetoothを使わずにiPhoneとスマホ版確定申告書等作成コーナーだけで確定申告白色申告のみ)ができたということです。

令和4年(2022年)1月からは2次元バーコード認証が使えますので、iPhoneはICカードリーダーライターとして使えます。

またこのことの意味することは、Androidも含め、

  • Bluetoothを使わなくていい
  • 設定がカンタンになる

ということです。

その他にも受付システムでも2次元バーコード認証が使えるようです。

>e-TaxとスマホとBluetoothの関係についてはこちら

スマホとe-Taxの関係は? Bluetoothと2次元バーコード(QRコード)認証と
スマホとe-Taxの関係は? Bluetoothと二次元バーコード認証と ついでに各確定申告書等作成コーナー、各e-Taxソフトで青色申告ができるか? 単体だとパソコン版確定申告書等作成コーナーしかできない 二次元バーコード認証でBlutoothの問題が解決したからクラウド確定申告ソフトはいらないんじゃ? 確定申告書等作成コーナーや各e-Taxソフトでできることはクラウド確定申告ソフトでできるし、クラウド確定申告ソフトじゃないとできないことがある

じゃあ、クラウド確定申告ソフトいらないじゃん? 違います

  • それでも確定申告書等作成コーナーは複雑、難しい、不便
  • クラウド確定申告ソフトは便利、e-Tax設定もサポートが教えてくれる

e-Taxの設定は、スマホアプリがマイナポータルに統一されたり、今回の2次元バーコードが使えたりと便利にカンタンにはなってきています。

しかし、ではクラウド確定申告ソフトでなくてもいいか?というとそうではないと思います。

それは、

  • そもそも2次元バーコードもマイナポータルアプリもいらない
  • 複雑な確定申告書等作成コーナー
  • サポートが設定を助けてくれる
  • それでも確定申告書等作成コーナーの不便さは相変わらず
  • クラウド確定申告ソフトのe-Tax機能を使わなくても

ということです。

そもそも2次元バーコードもマイナポータルアプリもいらない

そもそもクラウド確定申告ソフトなら、クラウド確定申告ソフトfreeeやマネーフォワード確定申告は、2次元バーコードもアプリも必要ありません(弥生の青色申告は2次元バーコード認証で対応)。

スマホ青色申告するには、それぞれ、クラウド確定申告ソフトfreeeマネーフォワードクラウド確定申告ソフト弥生の青色申告と専用アプリをインストールする必要はありますが、マイナポータルアプリは不要です。

>クラウド確定申告ソフトのスマホアプリはこちら

マネーフォワード会計スマホ版のレビューは? パソコン版もレビューしました。
強味は?マネーフォワード確定申告のレビューをしました マネーフォワード確定申告は給与もできる マネーフォワード確定申告は他のクラウドサービスも利用できる 個人事業主の料金は月額800円から レビューをしました スマホ版のクラウド確定申告ソフトを試してみた! マネーフォワード確定申告 スマホ版のレビュー 国税庁の確定申告アプリっぽい e-tax&確定申告書等作成コーナーは使えない スマートフォンdeマイナンバーカードもレビュー マネーフォワード確定申告と確定申告freeeのシェア率は? 個人事業主は、マネーフォワード確定申告が17%、確定申告freeeが21%、やよいの青色申告57% マネーフォワード確定申告、確定申告freee、やよいの青色申告、どれが個人事業主向けか? 個人的にはパソコンなら確定申告freee、スマホならマネーフォワード確定申告 マネーフォワードクラウド開業届、freee開業もレビューしてみました

複雑な確定申告書等作成コーナー

確定申告書等作成コーナー、e-Taxソフト(WEB版)e-Taxソフト(SP版)ダウンロード版e-Taxソフトなどなど。
個人事業主フリーランスなどの人の青色申告以外にもいろいろできなければならないことはわかりますが、単純に個人事業主フリーランスなどの人が青色申告するだけと考えると、なにをどう使っていいかわからないと思います。

クラウド確定申告ソフトはもちろん、収支管理など会計ソフトとしての機能も充分ですが、青色申告だけやるとしてもコスパもいいです。

>複雑な確定申告書等作成コーナーをくわしく解説した記事はこちら

確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた
e-tax&確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた e-taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーはダメ

サポートが設定を助けてくれる

クラウド確定申告ソフトもe-Tax送信するには、設定や様々なパスワード入力など、それなりに難しいものがあります。
私はそれらのe-Taxの部分の複雑さをクラウド確定申告ソフトのサポートに助けてもらいました。

>e-Taxのサポートもしてくれた クラウド確定申告ソフトのレビュー

マネーフォワード会計スマホ版のレビューは? パソコン版もレビューしました。
強味は?マネーフォワード確定申告のレビューをしました マネーフォワード確定申告は給与もできる マネーフォワード確定申告は他のクラウドサービスも利用できる 個人事業主の料金は月額800円から レビューをしました スマホ版のクラウド確定申告ソフトを試してみた! マネーフォワード確定申告 スマホ版のレビュー 国税庁の確定申告アプリっぽい e-tax&確定申告書等作成コーナーは使えない スマートフォンdeマイナンバーカードもレビュー マネーフォワード確定申告と確定申告freeeのシェア率は? 個人事業主は、マネーフォワード確定申告が17%、確定申告freeeが21%、やよいの青色申告57% マネーフォワード確定申告、確定申告freee、やよいの青色申告、どれが個人事業主向けか? 個人的にはパソコンなら確定申告freee、スマホならマネーフォワード確定申告 マネーフォワードクラウド開業届、freee開業もレビューしてみました

それでも確定申告書等作成コーナーの不便さは相変わらず

  • 複式簿記はしてくれない
  • 年を越さないとその年の入力ができない
  • 入力するのは合計金額を自分で

それでも確定申告書等作成コーナーの不便さは変わりません。
まず青色申告に必須の複式簿記をしてくれるわけではありません。

そしてクラウド確定申告ソフトのように、日々銀行口座明細やクレジットカード明細を自動で取り込んでくれるわけではなく、確定申告をする年の1月4日以降(年末年始は使えない)に自分で入力します。例えば2022年(令和4年)に2021年(令和3年)分の確定申告をしようとしたら、2022年(令和4年)1月4日(年末年始は使えない)にならないと入力できないのです。つまり2021年(令和3年)中に2021年(令和3年)分を入力することはできません。

またその入力する売上や経費などは、クラウド確定申告ソフトが自動で銀行口座明細やクレジットカード明細を取り込んで計算してくれるのに対し、確定申告書等作成コーナーは、明細を入力していけば自動で計算してくれるわけではなく、自分で合計金額を計算して入力する必要があります。

確定申告書等作成等作成コーナーの不便さを別記事にしています。

>確定申告書等作成コーナーの不便についてはこちら

確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた
e-tax&確定申告書等作成コーナーが複雑すぎてわからない? ちょっと整理してみた e-taxを使えば最大65万円の青色申告特別控除が受けられる e-tax&国税庁の確定申告書等作成コーナーはダメ

まとめ

スマホICカードリーダーライターとして使う?ということでしたが、 令和4年(2022年)1月から2次元バーコード認証ができ、iPhoneで青色申告ができるということです。

令和4年(2022年)1月からの2次元バーコード認証が今までと何が違うのか?というと、 iPhoneで青色申告ができるようになります、理由はBluetoothが不要になるからです。

それでも確定申告書等作成コーナーは複雑で難しいです。クラウド確定申告ソフトはラクでコスパよく、サポートもいいです。

 

タイトルとURLをコピーしました